仏教

Thumbnail of post image 188

たまに座禅をしていると不思議なことがあります。
例に挙げると
・体が硬直した状態になり、手足の間隔が消える。
・眼だけ動いている。
・部屋に靄がかかったように見える。
・全身がスパークしたような ...

仏教

No Image

記憶するための写本です。

四諦(苦・集・滅・道)とは苦しみの解決方法を病気の治療に例えた4つの真理のことです。
「諦」は明らかにするという意味です。

苦諦
この世は絶対の苦しみの世界で、すべての ...

仏教

No Image

記憶するための写本です。

ブッダは自信をコントロールし苦しみの原因を取り除き、覚りを開くための実践的方法を
具体的に8つ挙げています。これが八正道です。

正見(しょうけん)…正しい見解
偏見や固 ...

仏教

No Image

記憶するための写本です。

誰もが避けることのできない根源的な苦しみ(生老病死)を四苦といいます。
四苦に社会生活上の苦しみ4つを加えたものを八苦といいます。

愛別離苦(あいべつりく)
愛するもの ...

仏教

No Image

記憶するための写本です。

三宝印(四宝印)とは仏教の考え方です。
諸行無常・諸法無我・涅槃寂静+一切皆苦のことです。

諸行無常
全てのものは絶えず、変化・生滅して相続し、不変のものはないという考 ...

仏教

No Image

記憶するための写本です。

「業」とは行為のことで、自分の行為の結果は必ず自分自身に現れるという「自業自得」を鉄則とします。
善行は幸せな果報を受けますが(善因楽果)、悪行は苦しみの果報を受けます。(悪因苦果)

仏教

No Image

記憶するための写本です。
古代インドは、輪廻転生の考えから生き物は生前の行いによって死後、6つの世界「六道」に生まれ変わると考えられていました。
六道とは、地獄道、餓鬼道、畜生道、阿修羅道、人道、天道のことで、この六 ...